トヨタの福祉車両
「ウェルキャブ」車種紹介

車いす仕様車

スロープタイプ
車両後部に備えられたなだらかなスロープで車いすのままスムーズに乗り降りができます。
TANTO タント
TANTO タント
タントご利用料金 ※単位:円(非課税)
6時間まで 5,000
12時間まで 5,000
24時間まで 6,500
以後1日毎(24時間毎) 5,500
超過料金(1時間毎) 1,000

Ractis ラクティス
Ractis ラクティス
ラクティスご利用料金 ※単位:円(非課税)
6時間まで 5,500
12時間まで 5,000
24時間まで 6,500
以後1日毎(24時間毎) 5,500
超過料金(1時間毎) 1,000

車両操作手順

後部の車高を下げて乗り込みの準備して、セーフティベルトをかけます。

スロープの角度をゆるやかにするため、車高降下を行います。

スロープを支えながら、ロック解除レバーを上に引いてロックを解除し、スロープの取っ手を持って外へ引き出します。
スロープは二重になって収納されます。

セーフティバーを伸ばして車いす背もたれのフレームと後輪に接するようにセットします。セーフティバースイッチの”作動を押します。
セーフティバーは、車いすを収納する際に車いすの後退を防ぎます。(電動で車いすを引き上げることはできません)

車いすを車内に乗り入れ、固定します。

車いすを車内に乗り入れます。

車いすの後部フレーム(左右2ヶ所)にフックを掛け、固定スイッチで締め付け、しっかり固定してください。

車いす用シートベルトを掛けます。スロープを収納し、車高調整スイッチを押し、車高復帰させます。(上がりきると自動停止します)

リフト付き仕様車

HIACE ハイエース
HIACE ハイエース
ハイエースご利用料金 ※単位:円(非課税)
6時間まで 9,000
12時間まで 11,500
24時間まで 13,500
以後1日毎(24時間毎) 10,000
超過料金(1時間毎) 2,000

車両操作手順

3点式シートベルトがリフト上で装着可能

車いす用3点式シートベルトが車外のリフト上で装着可能。 介護の方がラクな姿勢で、早く確実にシートベルトを装着できます。

車いすの固定がらくらくスピーディ

2本のサポートバーを使って、車いす後方から4か所すべてのフックをスムーズにセットできます。

乗り降りしやすいセカンドシート

写真のモデルの身長は164cmです。

乗る方すべてに快適な移動空間を

乗り心地の良い車いす仕様車専用サスペンションを採用。
また、フロアを低くし、大型のウインドゥを採用するなど、車いすの方の景観にも配慮。